北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社
北九州市のこだわり外壁塗装専門店なら匠エージェント

外壁塗装は築何年目で考える?

大切な我が家を長持ちさせたり補強して劣化を防いでくれたりする外壁塗装は、家のメンテナンスとして必要不可欠なものです。

そんな外壁塗装ですが、築何年目で外壁塗装の塗り替えを検討するべきなのでしょうか。

また、塗り替えを一度行っても、次の塗り替えはいつ行えばよいのでしょうか?

外壁塗装の塗り替え時期に関する疑問を解消し、外壁リフォームの時期の目安を紹介していきます。

外壁塗装は築何年後?

新築後の塗り替え目安は?

結論からお伝えすると、一般的には外壁塗装は10年を目安に塗り替えるべきと言われています。

ただ、この10年というのはあくまでも平均的な目安で、業者がどれほど丁寧に施工をしてくれたのか、また、どんな塗料を使ったのかによっても大きく変わってくるのです。

特に新築の場合は、10年よりもっと早い段階で塗り替えを行った方がいいケースがほとんどです。

新築の場合の外壁塗装の目安

外壁塗料も色々です

新築の場合は時期が少し変わり、5年が塗り替えの目安となります。

ほとんどの場合、新築の家の塗料にはアクリル塗料を使うのですが、これが塗り替え時期が5年と短くなってしまう理由です。

新築後しばらくは、材料となる木やコンクリートが安定せず、どれほど高級な塗料を使用してもそれを防ぐことができません。

そのため、初めて塗る塗料は、最も費用を抑えられるアクリル塗料を使うのが一般的となっています。

アクリル塗料の耐用年数は5〜8年と言われていますので、新築の場合の外壁塗装の目安は5年となります。

外壁塗装は「一度塗り替えを行えばその後ずっとしなくてもいい」という訳にはいきません。

以前に塗り替えを行った場合でも、また10年経てば、もう一度外壁塗装を施す必要があります。

この際、前回の外壁塗料は何を使って塗り替えを行ったのかによって、外壁塗装を考えるべき時期は少しずつ変わってきます。

塗料の種類には、アクリル塗料やシリコン塗料、フッ素塗料、など他にもたくさんあります。

例えばフッ素塗料の場合はかなり高級で長持ちするため、15〜20年の耐用年数を見込めます。

前回どの塗料を使用したのか、その塗料の耐用年数はどれくらいなのかを把握しておくことが重要です。

外壁塗装が必要なサイン!

足場の組立て等作業主任者

ご紹介する外壁塗装の塗り替え時期はあくまで目安です。

  • アクリル塗料 5〜8年
  • ウレタン塗料 6〜10年
  • ラジカル塗料 8〜15年
  • シリコン塗料 8〜15年
  • 光触媒塗料 10〜15年
  • ピュアアクリル塗料 12〜15年
  • 遮熱系塗料 15〜20年
  • フッ素塗料 15〜20年

このように、それぞれの塗料によって耐用年数は違って、どの塗料を使用したのか、その塗料の耐用年数はどれくらいなのかを把握しておくことが重要です。

最もわかりやすいのは、自分の目で見て外壁の状態を確認することが大切です。

次にあげたような症状が現れていたら、すぐに外壁塗装の塗り替えを検討しましょう。

【外壁塗装を検討するべき症状】

  • 離れても汚れが目立つ

ほんの一部分程度の汚れでしたら問題はありませんが、離れて見ても壁全体が汚れてしまっていたら外壁塗装の塗り替えが必要です。

  • 全体的に色が褪せている

色が褪せてしまっているのは、外壁が寿命を迎えている証拠です。

  • ひび割れがある

「小さいひび割れだから大丈夫」と油断してはいけません。それ以上放っておいたら危険というサインです。

  • 剥がれている箇所が増えてきた

何かのはずみで外壁の一部が剥がれてしまうことはよくありますが、その箇所が増えてきたらそろそろ塗り替え時期となります。

  • 塗装の一部が膨れている

これは塗装の内側に空気や水などが入り込んでしまっている状態です。ほんの少しであれば問題ないですが、膨れている箇所がいくつか見られたら外壁リフォームを検討する時期です。

  • カビやサビが発生している

カビやサビが発生しているのは外壁が腐食してしまう一歩手前です。カビやサビの範囲が広がってしまう前に外壁塗装を塗り替えましょう。

  • 見てわかるほど腐食している

外壁が腐食してボロボロになってしまっていたり、崩れていたりする場合はすぐにでも外壁リフォームを行うべきです。

  • 手で触ると白い粉がつく(チョーキング現象)

手で触ると白い粉がつくのは、外壁が激しく劣化している証拠です。今すぐ外壁塗装専門店に連絡しましょう。

北九州のこだわり外壁塗装・屋根リフォーム専門店「匠エージェント」には、プロの外壁診断士が在籍しています。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

外壁塗装の塗り替え目安 まとめ

代表:中村邦夫

外壁塗装は一般的には10年を目安に塗り替えるべきと言われていますが、新築の場合は5年が目安

❷以前に塗り替えを行った場合でも、10年経てばもう一度外壁塗装を行う必要がある。

塗料の種類によって耐用年数は変わるので、塗料の種類を把握することが大切。

ほとんどの人は、外壁塗装を経験したことがないため、一見難しいように感じてしまいますが、上記➊~➌だけでもおさえておけば安心です。

外壁はチョーキング現象が発生したり、目で見てわかるほど腐食していたりすれば、もう赤信号です。こうなってしまう前に専門の外壁塗装業者に依頼しましょう。

北九州のこだわり外壁塗装専門店「匠エージェント」まで、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

Menu