北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社
北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

ALC外壁塗装を成功させるコツ

ALC外壁塗装を成功させるコツとは?

北九州市を中心に外壁塗装・屋根塗塗り替えを行なっている、こだわり塗替え専門店「匠エージェント」が、ALC外壁塗装工事で必ず実行している、『ALC外壁塗装を成功させるコツ』と『ALC外壁塗装の注意事項』を教えます。

  • 1
    外壁材の種類と状態の確認

ALCパネルの外壁塗装を行う際には、まず現在の塗膜状態を確認します。

どんな塗料を使うかの判断基準になります。

なお、ALCパネルの劣化状況によって、下塗材が変わってくるので、重要な確認作業と言えます。

特に既存の塗膜がアクリル系塗料の場合、すでに塗膜が細かく膨らんでいる場合があるので注意が必要です。

  • 2
    適切な塗料の選択を行うこと

以前に外壁の塗り替え工事が行われている場合は、使用された塗料(塗料の種類・メーカー・どの位前に塗装したのか等)と、今回使用する予定の塗料の適合性を確認します。

外壁塗料には様々な相性があり、これを間違えると塗膜に異常が生じやすくなる為、最適な塗料の選定は非常に重要なものになります。

仕様の選定基準は、素地、既存塗膜との相性、周辺環境、ライフコスト等が挙げられます。

ALCパネルの塗り替え下塗りには、特に目止め効果、クラック遮蔽性に優れた微弾性フィラーがおすすめです。

  • 3
    高圧洗浄前の事前確認と養生補修をしっかり行う事

高圧洗浄作業を行う前に、ALC外壁材の劣化・欠損箇所・漏水の恐れがある不具合部分の確認と適切な補修・養生を行う事です。

適切な補修をせずに塗装工事を強行しても、すぐに塗膜が劣化します。

クラック・欠損等の不具合部分を補修する事で長持ちする外壁にします。

  • 4
    外壁の高圧洗浄をしっかり行う事

ALC外壁の塗装を行う前には、充分な水圧で高圧洗浄を丁寧に行い、カビ・コケ・ホコリ・劣化塗膜等を充分な水量でキレイに洗い流す事。

高圧洗浄が不十分な場合、壁面に残っている藻やカビが原因となって塗装した後、早期にカビやコケが発生したり、塗料密着性が低下し、塗装の劣化速度が早くなる恐れがあります。

また、既存の塗膜にチョーキングした粉やホコリが残っていると、塗装した塗膜が早期に剥離する原因になります。ですから、キレイな状態で塗り替え工事を行う事が大変重要です。

  • 5
    高圧洗浄後の乾燥養生を充分に行う事

高圧洗浄の施工後は、ALC外壁が塗装に適した状態になるまで、充分に乾燥させる事(ALC素地の含水率が10%未満になるまで)。

ALCパネルの内部に水や湿気を含んだまま塗装を行うと、塗装された塗膜によって、水や湿気が外部に放出されなくなり、その結果ALCパネル内部が腐食したり、塗膜の密着性が低下し、その結果塗膜に割れ、膨れ、剥がれ等が生じる等の重大な品質トラブルになる可能性があります。

  • 外壁の下地調整と補修を行う事

ALC素地の下地や既存塗膜が脆弱な場合、雨がかりとなるALC目地やサッシ周りのシーリング材が劣化している場合は、適切なシーリング工事を行い、壁面に不具合がある場合には、適切なUカットシール・欠損補修等の外壁補修を塗装工事の前にしっかり行います。

ALCパネルのシーリング工事は、防水性を確保する意味で、大変重要な部分なので、丁寧に施工する必要があります。

一般的に塗り替え工事で使用するシーリング材は低モジュラス低汚染タイプのポリウレタン系シーリング材、変成シリコン系シーリング材(耐久性区分8020)がおススメです。

ALCの既存塗膜が剥離している場合は、「カチオンフィラーでの下地補修」、「微弾性フィラーの刷り込み」、「パターンローラー補修」、「吹付パターン補修」等で剥離した部分を補修します。

  • ALC塗装前の清掃と確認

塗装前には、ALC外壁面の再確認と清掃を行う事が大切です。

吹き付けタイルの場合、静電ダスター(静電気でゴミをとる道具)等で行うと、更に良いです。

  • 塗装工事を行うときの気温・湿度に気を付ける

ALC外壁塗装を施工する際、周囲の湿度が85%以上・気温5℃以下の場合、施工は避ける様にします。

この様な気象条件の下では、塗料の乾燥が著しく遅くなり、また塗装時に艶ムラ、色ムラ、ピンホール等が発生しやすくなり、塗膜の品質低下に繋がる為です。

  • 下塗り塗料の規定塗布量・乾燥・硬化時間を守る事

下塗りのシーラー・フィラー・サフェーサー等の規定塗布量・乾燥・硬化時間を仕様書通りに守る事です。

外壁の劣化具合を見て、下塗り塗料を補強塗り(増し塗り)します。

  • 10
    外壁塗装後の清掃

上塗り塗料を極端な厚塗りをすると、塗料のタレ・艶むら・乾燥・硬化不良・膨れ等、重大な品質トラブルの原因になる為です。

また、極端な薄塗りは、塗料の色透け・塗りムラ・艶ムラが生じ、仕上がり感の不具合、耐久性の低下等の直接的な原因になります。

  • 11
    塗装作業は、均一に塗料を塗り広げる事

ALC外壁の下塗り、上塗り作業共に、塗料のムラを作らない様、一定のスピードで、均一に塗料を塗り広げます。

その際には、ローラーを早く転がし過ぎないように注意がする事が必要です。

ローラーを早く転がしすぎると塗料が周囲に飛散したり、塗料の擦れの原因になります。

なお、塗料の塗り継ぎ部分をあまり作らない様に「配り塗り」「仕上げ塗り」を交互に繰り返し、塗り継ぎ部分を一定にする事で、艶ムラの少ないきれいな仕上がり感にする事ができます。

ローラー塗装をする際に、これらの施工方法を守らないと、ALC外壁塗装の仕上がりに色ムラ・艶ムラ・段差が生じ、美観性低下など不具合の原因になります。

  • 12
    ALC外壁塗装後の清掃

ALC外壁塗装が完了した後は、ガラスサッシ周りのバリ・塗料ミスト・見切り部分等の塗料の滲みをしっかり清掃します。

仕上げ作業で手を抜いてしまうと、見栄えが良くない残念な仕上がりになってしまいます。

ALC外壁塗装について

ALCの外壁塗装なら、安心の直接施工と丁寧なローラー塗装によるキレイで耐久性が高い、塗装仕上げにこだわり続ける北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」にお任せ下さい!

お客様のご希望と住まいに合った最適なALC外壁の塗り替え施工プランをご提案を致します。

ALC外壁に大切なシーリング工事とこだわりのALC外壁塗装の仕上がり感は、たくさんのお客様から定評を頂いています。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

Menu