北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社
北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

ALC外壁塗装のオススメ仕様

ALC外壁塗装のオススメ仕様のご紹介

北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」がオススメできるALCパネル外壁塗り替え仕様の一例をご紹介します。

➊カチオンシーラー1回塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

ロックペイント
カチオンシーラーマルチⅢ

ロックペイント
ハイパービルロックセラ

オススメ理由

  • カチオン系シーラーは各種素地・旧塗膜との相性が良く、密着性の高いシーラーです。密着性の高いシーラーを使用する事で塗膜の耐久性がアップします。
  • 水性シリコン塗料は、耐久性・耐汚染性に優れ、オール水性仕様の為、環境にも優しくなっています。
  • 品質に対し、施工価格が安いので、大変お値打ちと言えます。既存の塗膜が、活膜の場合におススメです。

❷微弾性フィラー1回塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

エスケー化研
プレミアムフィラーSG

エスケー化研
プレミアムシリコン

オススメ理由

  • このプランは、ALC既存の塗膜にヘアクラックが生じている場合におススメの塗り替えです。微弾性フィラーのクラック追従性により、ヘアクラックを補修できます。
  • 耐候性と耐汚染性に優れた次世代型水性シリコン塗料を上塗りに使用した、ALC壁面塗装におけるプレミアムな塗り替え仕様と言えます。

➌微弾性フィラー1回厚塗り+水性シリコン系塗料2回塗り

キクスイ
ロイヤルフィラー

キクスイ
ロイヤルシリコン

オススメ理由

  • この塗り替えプランは、外壁表面にヘアクラックが生じている場合に有効です。微弾性フィラーを厚塗りして、クラック遮蔽性・防水効果・断熱効果を高める事が可能です。
  • 既存のALCパネルの模様を変える場合にもおススメです。
  • 耐候性と耐汚染性に優れた次世代型水性シリコン塗料を上塗りに使用した、おススメ塗り替え仕様と言えます。

❹微弾性フィラー1回厚塗り1回+
弱溶剤2液型シリコン系塗料2回塗り

キクスイ
ソフトリカバリーⅡ

キクスイ 
キクスイ SP パワーシリコン

オススメ理由

  • 微弾性フィラーの厚塗りに加え、弱溶剤2液型シリコン塗料の抜群の仕上がりと性能を発揮する施工内容です。
  • 一般的な水性シリコン塗料より、耐汚染性と耐久性が高く、他の機能も水性シリコン塗料より、若干高くなっています。
  • 塗膜表面にヘアクラックが生じている場合既存のALCパネルの模様を変える場合におススメの仕様です。

❺微弾性フィラー1回厚塗り+
弱溶剤2液型シリコン系塗料2回塗り

トウペ
トア アクセス21フィラー

トウペ
ハイウェザーDC

オススメ理由

  • ハルス塗料の性能は、塗料の中でも最高の性能を持つフッ素塗料に近い耐久性があります。
  • しかも、ハルス系塗料の価格は、シリコン系塗料に近く、大変お値打ち塗料です。
  • 下塗りに微弾性フィラーを使用する為、外壁にひび割れがある場合既存のALCパネルの模様を変える場合におススメの仕様です。

❻外壁遮熱専用塗料サフェーサー1回塗り+
水性遮熱シリコン系塗料2回塗り

エスケー化研
水性クールテクトサーフ

エスケー化研
水性クールテクトSi

オススメ理由

  • 下塗り・上塗りに遮熱効果のある塗料を使って、より高い遮熱性を発揮させる事ができます。
  • また、トップコートは、低汚染性も優れているので、遮熱性の低下も最小限となり、外観を長期に渡って美しく保つ事が可能です。特に西日が強い場所での塗装が有効です。

❼微弾性フィラー1回塗り+
ターペン可溶2液型フッ素系塗料2回塗り

日本ペイント
パーフェクトフィラー

日本ペイント
ファイン4Fセラミック

オススメ理由

  • 現在、流通している塗料の中でも最高の性能を持っている4化フッ素樹脂塗料を使用した塗り替えプランです。
  • 4化フッ素樹脂による、高い耐久性・耐汚染性を持ち、沿岸部や工業地帯等、厳しい環境下の建物に適した塗り替えプランと言えます。

ALC外壁塗装オススメ仕様の備考

※微弾性フィラーのALC下塗り工程は、薄塗り工法と厚塗り工法を選択する事ができます。
また、より高い防水性を求める場合には、微弾性型フィラーの厚塗りする事をおススメします。

※微弾性フィラーを使用した下塗り工程は、ALC外壁の劣化状態により、カチオン系シーラー等による膨れ・剥がれ防止効果を持たせる補強塗りが必要になる場合があります。

※カチオン系シーラーは、エマルション系シーラーに比べ密着力が高いので、ALCパネル補強塗りに適しています。 特に高い素地補強をお求めの場合には、2液型の弱溶剤系エポキシ系シーラーがおススメです。

※但し、ALCパネルに異常が発生する場合もあるので、塗装前には十分な検討が必要です。

ALC外壁塗装について

ALCの外壁塗装なら、安心の直接施工と丁寧なローラー塗装によるキレイで耐久性が高い、塗装仕上げにこだわり続ける北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」にお任せ下さい!

お客様のご希望と住まいに合った最適なALC外壁の塗り替え施工プランをご提案を致します。

ALC外壁に大切なシーリング工事とこだわりのALC外壁塗装の仕上がり感は、たくさんのお客様から定評を頂いています。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

Menu