北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

リフォーム評価ナビ:口コミで見つかる、理想のリフォーム会社
北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

モルタル外壁の塗装施工手順について

モルタル外壁の塗装施工手順について

北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」が行っているモルタル外壁塗装の施工手順の一例を説明します。

高圧洗浄

モルタル壁の表面に付着している汚れ(ホコリ・カビ・藻等)やチョーキングした既存塗膜の白い粉を落とす為に、高圧洗浄機の12~15Mpa(1c㎡辺り120~150kgの圧力)と780L/hの総水量で汚れを押し流します。

チョーキングによる粉は塗装の妨げとなる為、高圧洗浄で入念に洗い流す必要があります。

洗浄後は、しっかりとモルタル壁を乾燥させて、後の外壁補修や塗り替え作業に支障が無い様にします。

下地調整

通常の高圧洗浄では除去しきれない、脆弱な塗膜(膨れ・剥がれ)・錆び・油汚れがある場合は、皮スキ・ディスクサンダー・溶剤(各種シンナー)でしっかりケレン作業を行います。

ケレン作業は、旧塗膜や錆びの除去の事を指し、塗り替えの仕上がりや美しさに大きな影響を与えます。

高圧洗浄ができない環境下の場合は、特にケレン作業を入念に行います。

エフロレッセンスが生じている場合は、薬品で除去します。

また、周辺環境によって、高圧洗浄ができない場合は、特に入念に清掃する必要があります。

著しくカビが発生している場合は、防カビ・防藻剤の塗布を行います。

下地補修

モルタル壁面の劣化症状に応じて、クラック補修・シーリング工事(サッシ廻り・目地部分・雨仕舞部分)・微弾性フィラー・樹脂モルタルによる刷り込み・ Uカット・エポキシ樹脂注入・パターン補修等の外壁補修を行います。

特にクラックは、モルタルに発生しやすい為、外壁補修は重要な作業になります。

養生作業

モルタル塗装を行う前には、マスカー・ビニル・ガムテープ・マスキングテープ(耐溶剤性・耐熱性に優れたテープ)等を用いて、塗装しない部分に塗料が飛散・付着・潜りこまない様、しっかりと養生作業をします。

養生のラインが塗装の仕上がりのラインになるので、キチンと養生作業が行われている事により、仕上がり感も美しくなります。

また、養生作業は仕上がった塗装面を汚れや傷から守る目的でも行います。

下塗り

モルタルの既存塗膜(吹付リシン・吹付タイル・吹付スタッコ等)劣化状態に適した、下塗り材(微弾性フィラー・弾性フィラー・カチオン系シーラー・エポキシ系シーラー等)を選定し1~2回、ローラー・パターンローラー・刷毛を用いて、壁面の隅々まできっちり下塗りします。

下塗り作業がその後の中塗り・上塗りの仕上がりを左右するので、しっかり丁寧に作業します。

(また、微弾性フィラーをパターンローラーで下塗りする場合は、配り塗り・均し塗りを行い、パターンローラーの筋や塗り継ぎが出ない様に注意する必要があります。)

カチオン系シーラーやエポキシ系シーラーは、微弾性フィラーだけでは、塗膜の付着性に問題が生じそうな場合やコスト重視の簡便なモルタル塗装仕様の場合に補強塗りや下塗りとして塗布されます。(既存の塗膜が濡れ肌感になるまで、カチオン系シーラーをしっかり塗装するのがベストです。)

浸透性に優れたエポキシ系シーラーは、モルタル壁の中性化を抑制する効果と素地補強性に優れています。

しかし、付着力の弱い旧塗膜に異常をきたす場合があるので、エポキシ系シーラーを使用する際には、細心の注意が必要になります。

(旧塗膜を侵す事が少ない弱溶剤型のエポキシ系シーラーを使用するのがおススメです。)

中塗り

高弾性仕様(外壁防水仕様)・断熱仕様・透湿弾性仕様の場合は、各種ベースコートを吹付ガンやパターンローラーや刷毛を用いて、規定量を2回中塗り(基層塗り)します。

上塗り

モルタル塗装に適したウレタン系塗料・シリコン系塗料・ハルス系塗料・フッ素系塗料・単層弾性系等系塗料等の各種上塗り塗料を2~3回ローラーや刷毛を用いて既定の塗布量で塗装します。

ローラー塗装の施工手順は、色ムラを防ぐ為、入隅部分・見切り部分・取り合い部分を先行して刷毛塗りして、ハケとローラーの境目はできるだけなくなる様にしっかりローラーで塗装します。

上塗り塗料は、下塗り塗料や下地を紫外線や水から守る効果をもたらします。

モルタル外壁塗装の仕上がり感も上塗り作業で決まるので、とても重要な作業になります。

清掃

モルタル壁塗装の完了後、マスカー、マスキングテープ等の養生材を撤去します。

その際、塗装部分以外に汚れが付着している場合は、丁寧に溶剤・ウェス・スクレイパー等を用いて掃除をします。

手直し

必要があれば、ローラーやナイロン筆等でタッチアップ塗装(補修)を行い、最後の仕上げをします。

モルタル塗装の完成

数々の工程をしっかり施工する事により、品質の良いモルタル壁塗装が完成されます。

モルタル外壁塗装について

モルタルの外壁塗装の事なら、塗装前の下地調整や外壁補修にこだわる北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」にお任せ下さい!

見た目だけの塗り替え工事ではなく、モルタル壁に適した外壁補修もしっかり行い、高品質な塗料を使用した、モルタル外壁塗装をどこよりも丁寧な施工で承ります。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

Menu