北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
水曜
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

北九州の雨漏り相談なら匠エージェント

複数浸出雨漏りとは?

このページでは、雨漏りの4つのタイプの3つ目である、「複数浸出雨漏り」についてお伝えしていきます。

雨漏り診断士:中村

複数浸出雨漏りとは?

複数侵入雨漏りとの言葉の違いは、「侵入」では無く、「浸出」ですが、【複数浸出雨漏り】とは、雨が建物の外から入り込む場所は1箇所だが、雨が建物の中に出てくる場所が複数箇所あるという事を、複数浸出雨漏りと呼びます。

あくまでも結果論ですが、この場合、雨が入り込む場所を1箇所特定できて補修を行えば雨漏りが収まります。

もちろん、雨漏り浸出口は複数個所ですから、各浸出口から侵入路までの補修作業も当然必要です。

4つの雨漏り要素タイプのご説明をする上で、何度か「診断が大事です」と申し上げておりますが、複数浸出雨漏りであったとわかるには、適正な診断を行い適切な補修を行って、その後問題がないと判明した結果として、複数浸出雨漏りでしたと言えるのではないでしょうか。

雨漏りの修理においては、「絶対」はありません。

それほど難しいものであると言えます。

しかし、私ども北九州の雨漏り相談「匠エージェント」は、今まで培った経験と知識をフル回転させ、しっかり対応させて頂きます。

実は、雨漏り修理の経験と実績から、4つのタイプのどれに当るかという仮説を立てる事も大切な事なのです。

しっかり調査し、また仮説を立て、しっかりご説明したうえで雨漏り補修計画を作成致します。

雨漏りの基本的な事柄を理解しておくと、もし実際に雨漏りに遭遇してしまった際に、業者選定、雨漏り対処等に役に立つと思います。

複数浸出雨漏り

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu