北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装・屋根リフォームの事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

塗り替え時期の目安について

お家の状態や塗り替え時期の目安について

外壁部分の塗り替え時期の目安を分かりやすくお伝えします。

定期的な外壁塗り替え工事が必要な外壁材の種類は、モルタル・各種サイディングボード・ALC・木材等が挙げられます。

以下の様な症状が外壁塗り替え時期の目安と言えます。

チョーキング

外壁塗装に生じるチョーキングとは、「塗装の白亜化」とも言い、外壁塗装の塗膜が紫外線と水によって加水分解され、白い粉状のものが塗膜表面に付いている状態の事を言います。

カビ・コケの発生

日光があまり当たらない部分、リシン壁・スタッコ壁・外壁周囲の湿度が高い場所・植栽物の多い場所等に生じやすいです。

又、外壁塗料に含まれる防かび剤の薬効成分の効果がなくなってきた場合にも、外壁にカビやコケが発生しやすくなります。

へクラックやクラックが生じている

ヘアクラックとは、微細なひび割れの事を言います。

また、クラックとは、ひび割れをの事を言います。

共に外壁塗装の経年劣化・躯体の挙動によって生じます。

外壁に生じたクラックの幅・深さ・長さ・向きによって外壁の補修方法を検討する必要があります。

退色・変色

変色とは、塗料に含まれる樹脂が劣化して、塗装の色が変わったりする状態の事を言います。

また退色とは、塗装が太陽光によって、塗料に含まれる顔料の性質が変化する事によって起こる劣化現象です。

エフロレッセンスの発生

エフロレッセンスとは、外壁に生じたクラック部分から雨水等が浸入し、モルタル中の石灰等が水に溶けて表面に染み出し、空気の中の二酸化炭素ガスと化合してできたものです。

また、日陰部分、建物の北側、透水性が高い場合、湿潤と乾燥が繰り返されるような場所にエフロレッセンスが析出しやすいです。

なお、エフロレッセンスは、「白華」とも呼ばれます。

塗膜の膨れ

外壁塗装面に生じる塗膜の膨れは、外壁クラックからの浸水・弾性塗材の壁面・濃色の壁面の場合、塗膜や素地との蓄熱によって生じる熱伸縮が原因で膨れる場合、下塗り・下地調整(ケレン=目粗し・清掃)が不十分な場合、下塗り塗料の選択ミス等に塗膜の膨れが生じます。

塗膜の剥離

塗装した塗膜が外壁下地に対する密着性を失って、剥がれてしまう状態を「剥離(はくり)」と言います。

塗膜の剥離は、建物の美観を大きく損ね、腐食・漏水の原因になります。

シーリングの破断

シーリングの破断、接着破壊は、躯体の挙動・接着基材の経年劣化・シーリング用プライマー有無によって生じます。

シーリング部分の劣化状態によって補修方法を検討する必要があります。

外壁材の欠損・爆裂

外壁に生じる欠損は、主に外部からの衝撃・熱伸縮が原因で生じます。

また爆裂とは、クラックからの浸水によって、躯体内部の鉄筋がさびてしまい、錆び部分の鉄の体積は約2倍~2.5倍に膨張します。

この膨張圧によって、周囲のモルタルクラックを更に誘発させながら、外壁を外に押し出して、欠落させてしまう現象の事を言います。

 

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

塗料の種類による塗り替え時期の違い

前回の外壁塗装工事に使用された塗料に種類によって、塗り替え時期に大きな違いが現れてきます。

ですから、同じ時期に外壁を塗り替えた場合、耐久性の高い塗料は、耐久性の低い塗料よりも、塗り替える回数が少なく済みます。

但し、耐久性の高い塗料になればなる程、塗料の価格も高価になっていきます。

ウレタン塗料の外壁塗り替え時期

ウレタン系塗料は、50年間で塗り替えが約4回必要です。

シリコン塗料の外壁塗り替え時期

シリコン系塗料は、50年間で塗り替えが約3~4回必要です。

フッ素塗料の外壁塗り替え時期

フッ素系塗料は、50年間で塗り替えが約2回必要です。

「塗り替え時期の目安」を前回の使用塗料で考えることも出来ます

外壁塗り替え時期の目安は、現在外壁塗装に使用されている塗料の性能、建物周辺の環境等によっても異なりますが、木部や鉄部を通常のペンキ(合成樹脂調合ペイント)で塗装した場合は、3年から5年を塗り替え時期の目安にして下さい。

前回、外壁をアクリル系塗料(水性アクリル・溶剤アクリル・アクリル単層弾性系塗料)で塗装した場合は、塗り替え後6年~10年を塗り替え時期の目安にして塗り替え工事を行いますと、住まいを長持ちさせる事が出来ます。

同様にウレタン系塗料(水性ウレタン・溶剤ウレタン系塗料)の場合は、塗装後8~12年を塗り替え時期の目安にすると良いと思います。 

但し、屋根・鉄部・木部等は、外壁面に比べ、劣化が進行する速度が3割程速いので、注意が必要です。

工事を短期間に行う事は、費用対効果の観点で考えますと、お客様にとって経済的な負担が大きく、あまり良いものではありません。

この様な問題から、塗料の高寿命化をお求めする多くのお客様のニーズによって、現在では、シリコン系塗料、ラジカル制御(ハルスハイブリッド)塗料、フッ素系塗料、無機塗料、 光触媒塗料 など優れた耐久性を持つ塗料が数多く流通しています。

したがって、優れた耐久性を持つ塗料で塗り替え工事を行った場合は、塗装のライフサイクルが長くなり、塗り替え工事の費用対効果を大きく向上させる事もできます。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu