北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

ALC外壁塗装の塗り替え時期の目安とは?

ALC外壁塗装の塗り替え時期について?

ALC外壁の塗り替え時期を判断する目安としては、「チョーキング」「変色・退色」「ヘアクラック」「カビ・コケの発生」「クラック」「塗膜の膨れ」「塗膜の剥がれ」「欠損・爆裂」の劣化症状が見られる様になってきたら、塗り替えをご提案します。

ALC外壁部分の劣化症状について説明します。以下の様な症状が経年劣化として現れます。

窯業系サイディング部分の塗り替え時期の目安となる症状をご説明します。

ALC外壁の変色

変色とは、塗料に含まれる樹脂が劣化して、塗料の色が、変化した状態の事を言います。

ALC外壁の退色

退色とは、塗料に含まれる樹脂が劣化して、ツヤが低下している状態の事を言います。

塗膜の変色や退色は最初に発生します。

ALC外壁のチョーキング

チョーキングとは、ALCパネル表面の塗膜が紫外線と水により、加水分解して、白い粉状のものが塗膜表面に付いている状態の事を言います。

指で壁面を擦ると、白い粉が付着します。

チョーキングした状態をそのまま放置しておくと塗膜だけでなく、ALCが著しく劣化する原因となるので、塗り替えのタイミングを見逃さない事が重要です。

ALC外壁のカビや藻

カビ、藻、苔は、日光があまり当たらない壁面・リシン壁・湿度の高い場所・植栽物の多い場所等に発生しやすいです。

又、塗料に含まれる防かび・防藻剤の薬効が無くなってきた場合にも、カビやコケが発生しやすくなります。

一般的に塗料に含まれる防かび・防藻剤の薬効は、5~6年が目安になります。

カビやコケのある部分の外壁は、壁面の含水率が上昇して、外壁材や塗膜を劣化させる要因になります。 ですから、塗装する際には高圧洗浄で、しっかり除去する必要があります。
なお、カビの除去が困難な場合やカビが再発しやすい場所には、塗装する前にカビ除去剤で清掃すると良いです。

ALC外壁のヘアクラック・クラック

ヘアクラックとは、微細なひび割れの事で、クラックとは、ひび割れの事を言います。

クラックは、塗膜の劣化・躯体の挙動によって生じます。クラックの幅・深さ・長さ・向きによって、クラックの補修方法を考える必要があります。

特にALCパネル壁面の場合、クラックから、漏水するケースが多いので注意が必要です。

なお、ALCは水に弱い為、ALCにクラックが発生したら、早急に補修しないと、劣化が早まります。

ALC壁面の塗膜の膨れ

ALCパネル外壁面に生じる塗膜の膨れは、クラックからの浸水・塗膜や素地の熱伸縮、内部からの湿気や不十分な下地調整や下塗り作業等が原因で、「ALCパネル」と「塗膜」が密着不良となり、塗膜剥離が生じます。

塗膜の膨れは、塗膜の機能が消失を意味しているので、この状態になった場合、早急に塗り替えする事をおススメします。

ただし、タッチアップ塗装だけでは、また同じ状態になる事も十分に考えられますので、まずは塗膜剥離の原因を見つけて、その部分から改善する事が重要です。

窯業系サイディングボードの塗膜の剥離

塗膜が素地に対する付着力を失い、剥がれてしまう状態を「剥離(はくり)」と言います。

塗膜の剥離は、住まいの美観を損ねるだけでは無く、腐食・漏水の原因になります。

剥がれの主な原因は、塗装(適切なシーラー塗布・フィラーによる目止め)・内部から湿気・外壁クラックからの浸水・下地調整(高圧洗浄・ケレン=目粗し・清掃)が不十分な場合等によって、塗膜の剥がれが生じます。

塗膜が剥がれると、下地の外壁が完全に露出している状態になっているので、早急に塗装をして外壁を保護する必要があります。

ALC外壁のシーリングの破断

ALC壁面の挙動・ALC壁面の劣化・プライマー・シーリング材の劣化によって生じます。

シーリング材の劣化具合によって、外壁シーリング補修方法を検討する必要があります。

シーリング材の劣化によって、ALCパネルの防水機能が無くなり、水に弱いALCパネルを著しく劣化させる原因となります。

ALCパネルは、外部からの水の侵入を防ぐ役割をシーリング材が担っていますので、劣化が確認できる場合は、なるべく早い段階で補修を行うと良いです。

ALC外壁の欠損・爆裂

ALC壁材の欠損は、主に外部からの衝撃・熱伸縮が原因で生じます。

ALC壁面の爆裂は、クラックからの浸水により、塗膜とALCの多孔質内に水が溜まり、その結果ALC内部のボルト等、金属の腐食が進み、爆裂します。

ALC外壁塗装のQ&A

ALC外壁で簡単に劣化状況を点検する方法を教えてください。

ALC外壁の劣化状況の判断材料として、大きくALCパネル・塗膜・シーリングの3つに分ける事ができます。

ALCパネル

ALCパネルにひび割れ、浮き、欠損等がないか目視で確認します。

ALCパネルにクラックがある場合は、クラックスケールなどでクラックの幅や深さを確認します。

塗膜

塗膜に剥がれ、膨れ、ひび割れ等がないか目視で確認します。

また、塗膜の表面を指で擦ってみて、指に白い粉が付くかどうか確認します。

シーリング

ALCパネルのシーリングが裂けていたり、割れていないかどうか、目視で確認します。

目視による判断が出来ない場合には、カッターナイフの刃等を入れてみて確認するのが良いと思います。

ALC外壁塗装について

ALCの外壁塗装なら、安心の直接施工と丁寧なローラー塗装によるキレイで耐久性が高い、塗装仕上げにこだわり続ける北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」にお任せ下さい!

お客様のご希望と住まいに合った最適なALC外壁の塗り替え施工プランをご提案を致します。

ALC外壁に大切なシーリング工事とこだわりのALC外壁塗装の仕上がり感は、たくさんのお客様から定評を頂いています。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu