北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
水曜
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

塗り替え工事の豆知識

ご契約の際、必ず注意しなければいけないこと!

代表:中村邦夫

前にお客様から見せて頂いた塗装工事の見積書の中で、塗装工事一式¥〇〇〇〇〇〇と書かれている見積書があります。

一般的に一式という内容は、複雑な見積もり内容になってしまう場合には、しばしば使用する事もあります。

しかし一式というまとめ方があまりに大雑把な場合は、

「営業さんが見積内容(施工方法)を正確に理解していない場合。」

「見積内容を明確に記載する事が契約の内容に支障をきたす場合。」

かのどちらかだと考えられます。

ですから、一式と書かれている場合には、特に見積書の項目・概要は必ずチェックしましょう。

北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」は、一式工事であっても、施工内容・材料名・仕様書が明確に書類に記載されています。

また、見積書に書かれる「無料・サービス」と言った内容に関しましては、なぜか得した気分になってしまう見積りの書き方のテクニックの一つです。

『足場仮設無料サービス』

『コーキング工事一式¥〇〇〇〇〇』

の様な項目がある場合は、

「この見積書は、絶対におかしいな。」と思って下さい。


足場仮設工事は、外壁の塗り替え施工をする前に必要な準備なので、(一部そうでない場合もありますが)普通に考えれば、足場仮設をサービス工事出来るはずがありません。

足場の施工するだけでは、赤字になってしまいます。その分、必ずどこかでそのサービス工事分の補填しているはずです。

また、『シーリング工事一式¥〇〇〇〇〇』といった場合には、外壁のクラック等の補修部分を充分に確認していない場合があります。

通常の一般的なサイディング住宅の場合、シーリング(コーキング)目地の全体メートル数は、少ない住宅でもサッシ周り雨仕舞部分等を全部含めますと、大体最低でも250mはあります。

また、多い場合ですと400m以上ある場合もあります。

シーリングの部分補修の場合でしたら、どの程度の部分をどの位補修するのか見積り書・仕様書等で明確にする必要があります。

(0~30m程度の少量作業は、除きます。この様な補修程度の場合は一式となる場合があります。)

悪い例えになりますが、この様な大雑把な見積書を書く施工業者さんは、必要な作業工程を省いてしまったり、仕様と違う安い塗料を使ったり、他の工事内容が通常工事に比べ、極端に高い施工単価(施工価格)であったりする事が往々に考えられます。

…安い物には、安いだけの理由が絶対あります。タダほど高いものはありません。

北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」が行う外壁塗装サービス工事は、必ずサービス工事を行えるその理由を、お客様にご説明致します。

匠エージェントは、お客様に対しまして、いつでも誠心誠意のサービスをする様に努めたいと思っています。

外壁塗装契約の際、注意しなくてはいけないポイント!

➊絶対に価格だけで判断しない事!
お客様が数社での相見積り行った場合、同一の塗料を使っても、工事の内容(施工方法・施工管理)や職人さんの技術によって、大きく塗り替え工事の仕上がり具合に差が出ます。 

ですから、相見積りを行う際には、価格だけでなく、ホームページの施工例等も見て検討しましょう。
また、業者さんの相見積りを行う際には、同一の条件(同一の施工範囲・同一の材料・同一の施工方法など)で行う事が分かりやすいのでベストと言えます。

❷安易なサービスに飛びつかない事!
値引きやサービス工事には、お客様の誰もが魅力的に感じるものだと思います。

でも、それはお客様にとって、本当にお得なのでしょうか?

特に、同じ工事内容で最初の見積提示金額から20%以上の大きな値引きには注意が必要です。

根拠のない値引きやサービス工事に飛びつかず、よく比較して検討しましょう。

➌疑問に思った事は、必ず質問しましょう!
良心的で、数多くの塗り替え・防水工事の施工に携わっている業者さん程、専門的な知識や技術をしっかり持っています。

施工方法や塗料で分からない事は、業者さんに遠慮せず、どんどん質問をしましょう。

❹悪質な業者の手口を知りましょう!
外壁塗装の業者の中にも、悪質な施工を行う業者がいます。

外壁洗浄・ケレン・下塗り・錆止め等塗り替え工事にとって大切な作業を省かれるといった被害は、よく耳にします。

まずは、お客様が悪質な業者の手口を知って、そんな被害を未然に防ぐ事が大切です。

悪質な塗装業者は存在します!

手抜き塗装工事・方法の手口

お客様を脅かす訳でないのですが、こんな手抜き工事の手口があります。

契約と違う塗料や材料を使う
缶のラベルを張り替える・使用期限が切れた塗料を使う等=塗料の偽装です。

高圧洗浄を省略する
水を流すだけ。汚れが落ちていない。=塗膜の剥離・早期にカビ・コケが発生する原因になります。高圧洗浄の施工単価が他社に比べ、極端に安い場合は要注意です。

ケレン・下地処理を省略する
既定のケレン・目粗しを行わない等。=塗膜の早期剥離の原因になります。

外壁補修の手抜きをする
大きなクラックも、フィラーでごまかす。なんでもシーリング材で補修してしまう等=工事が終わって、すぐにクラックが発生したり、間違った補修工事を行う事により、かえって建物の見栄えや耐久性が悪くなる事もあります。

塗装回数を省略する
5回が3回・3回が2回・2回が1回。とにかくひどい!=塗料の厚み・規定量が確保されていない。塗膜の耐久性・防水性等に問題が出てきます。

塗料を規定以上に薄める
規定以上に塗料を薄める=通常の塗膜が形成されません。塗料が持つ本来の耐久性が機能せず、早期のチョーキング発生等の塗膜劣化の原因になります。

養生を行わず塗装する
関係の無い、周りに塗料が散ってもお構い無し、汚い仕上がりになります。

未熟な素人の職人さんを使う
まずをもって、いい加減な仕上がりになります。最近では、よくある話です。

リフォーム提案士より

リフォーム提案士の梶川

長い内容になりましたが、『塗り替え工事の豆知識』を最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

塗り替え工事を検討されているお客様のお役に立てましたら幸いです。

当店は、常にお客様にとって、「正直・親切・丁寧な姿勢で」塗り替え工事を承りたい考えております。

ですから、ご依頼・ご契約の際には、必ずご依頼の内容をお客様と再度ご確認し、施工の内容を充分にご説明し、お客様が本当に安心・ご納得して頂いた後、お客様と当店の契約書を作成致しまして、お客様とのご契約を致します。

塗装工事の施工に関しましても、

「工事契約に基づいた内容のそれ以上に仕上げにしたい」

「お客様に必ず満足して頂く塗装工事をする」

という思いを持ち、いつも実践する様、心掛けています。

塗り替え工事・防水工事のご検討をしているお客様は、住まいの診断・ご相談・ご提案・お見積りは無料です。

是非、北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」までご相談下さい。

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu