北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装・屋根リフォームの事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

北九州の雨漏り相談なら匠エージェント

雨漏り診断に関する費用

ヒアリングや検証は無料、サームグラフィー検査・散水試験は有料で診断します。

診断結果を元に補修や修理を行う場合は、別途工事費用をいただきます。

雨漏り調査の散水試験

ヒアリング(無料)

まずは雨漏りの現状をお聞きします。どの場所が、いつから、どのように漏れているのか、どんな雨の日に起きるのか、など分かる範囲で結構ですのでお答えください。

雨漏り診断は、色々な仮説を立てることが必要なのです。

多くの業者さんは「原因はココだろ」と勝手解釈を自己基準で行っているとお客様からお聞きすることがあります。

雨漏り調査の散水試験

目視検証(無料)

ヒアリングで頂いた情報を元に仮説を立て、実際に雨漏り現場を確認し、内部検証・その次に外部検証を行います。

いくつかの仮説を立てることがなぜ必要なのか?

それは雨漏りの原因が1カ所ではない場合があるからです。

1カ所見つけても安心せず、念には念を入れて判断していきます。

右写真は目視診断の様子です。

このように外壁診断士・雨漏り診断士が打診棒などを用いて触診します。

雨漏り調査の散水試験

サーモグラフィー赤外線検査(有料)

赤外線カメラで映すと、傷んだ箇所に温度差が現れます。

その色を見て、雨漏りやタイルのはがれなど、建物の悪い箇所を外側から発見することができるのです。

弊社には、赤外線建物診断技能士という専門の資格を持ったプロが在籍しています。

雨漏り調査の散水試験

散水調査(有料)

現場を見ても診断が難しい場合があり、本格的な雨漏り再現調査が必要になることがあります。

この再現調査に使われるのが散水調査です。

ヒアリングや目視検査で立てた仮説に基づき、実際に散水することで雨漏りの原因と推察される箇所に雨天時・豪雨時と同じ状況を作り出します。

場合によっては高圧散水機を用います。

本物の水を用いることで雨水の浸入経路の特定を目指すわけです。

建物の構造を熟知していないと十分な成果を上げることが難しい調査ですが、北九州の匠エージェントにはスペシャリストが揃っていますので、安心してご依頼いただくことができます。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu