北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

北九州のこだわり外壁塗装専門店なら匠エージェント

外壁ってメンテナンスが必要なの?

 マイホーム購入後数年から十数年後に必要とされる外壁塗装ですが、いざ実施する場合には100万円単位で費用がかかります。

そのため、メンテナンス(外壁塗装)が不要な外壁がいいと考える人も多いでしょう。

しかし、メンテナンスリーな外壁は本当にあるのでしょうか?

外壁メンテナンスの内容、そしてメンテナンスフリーの真否に迫ります。 

外壁の種類によって劣化時期は違う

変色やコケの発生

メンテナンスの頻度や必要性は外壁の種類によっても異なります。

まずは代表的な外壁の特徴をご紹介します。

なお、外壁の主流はサイディングボード、もしくはモルタル壁です。

しかし、今回はメンテナンスフリーという観点から外壁タイルもご紹介したいと思います。

それぞれの特徴を、かみ砕いて説明します。

 

●サイディングボード

サイディングボードとは工場で製造した模様がついたボードのことです。

サイディングボードは現場に運んで張り合わせて使用します。

職人の腕や経験に左右されず均一な仕上がりが期待できる工法で、近年の新築住宅はこの工法が主流になりつつあるようです。

サイディングボードはボードの寿命もさることながら、継ぎ目のシーリング材の寿命が10年程度と短いため注意が必要です。

また、ボード自体の変色や退色などの劣化もあります。

モルタル壁

モルタルとは、水、砂、セメントなどを混ぜたものをコテで塗り固めた塗り壁のことです。

最近の新築物件では減っているようですが、20年~30年ほど前までに建てられた家には多い工法です。

コテで塗り固めるだけでなく、その上に塗装するのが一般的で、塗装や仕上げの模様によって耐久性や耐水性にも差が出ます。

塗り壁が劣化するとひび割れや亀裂などが発生します。

外壁タイル

タイルとは土や砕いた石などを高温で焼き固めたもので、頑丈な素材とされます。

タイルは耐久性、耐候性がよく、傷や汚れにも強いです。

ただし、タイルそのものが劣化に強くとも、接着面や目地部分の劣化は避けられません。

それらの劣化により、タイルの剥離、シーリング部分からの浸水などが考えられます。

おわりに

代表:中村邦夫
外壁診断士

 

ハウスメーカーや業者が推す「メンテナンスフリー外壁」もあります。

しかし、実際には全くメンテナンスが必要ないというわけではなく、

「メンテナンスの手間を軽減できる」

「耐久期間が長い」

などの意味で使われることが多いようです。

コーティングして汚れをブロックしたり、紫外線で汚れを分解する「セルフクリーニング」という性能を備えていたりします。

そういった性能により、塗り替え期間を延ばすことできるとしており、多くは10~20年といった長期的な耐久年数を公表しています。

また、中にはメンテナンスフリーという言葉を

「保証期間内はメンテナンスが必要ない」

という意味で使う業者もあるようです。

舞い上がって表面的な言葉に惑わされないよう、メンテナンスフリーの内容をしっかり塗装業者に確認するようにしましょう。

手間の掛からない外壁は理想的ですが、年月は経ち、かつ雨風にさらされるものである以上、少なからずメンテナンスが必要と考えたほうが正しいと言えます。

北九州のこだわり外壁塗装は「匠エージェント」では、外壁診断士が、皆様のお住まいを責任もって検査させていただき、外壁材にあった必要なメンテナンスについて、詳しく説明させていただきます。

 

お電話でのお問合せはこちら

0120-094-654

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu