北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
小倉店
外壁塗装専門店
友だち追加

LINE ID@fvn3289u

外壁塗装・屋根工事の事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

北九州のこだわり外壁塗装専門会社なら匠エージェント

窯業系サイディングボード外壁塗装の塗り替え時期の目安とは?

窯業系サイディングボード外壁塗装の塗り替え目安とは?

窯業系サイディング外壁の塗装は、新築から5~13年、2回目の塗り替えでは、塗装後10~15年経過すると、様々な劣化現象が起きます。

塗膜の「変色・退色」・「チョーキング」・「ヘアクラック」・「カビ・コケの発生」・「クラック」・「塗膜の膨れ」・「塗膜の剥がれ」・「欠損・爆裂」があります。

これらの症状が塗り替えの目安となります。

これらの症状をそのまま放っておくと、建物の躯体自体が劣化してしまう可能性があります。

適切な塗り替え時期で施工する事によって、窯業系サイディングの強度も一定回復し、建物に悪影響が生じる事はありません。

塗り替え時期の目安とは?サイディング外壁部分について

窯業系サイディング部分の塗り替え時期の目安となる症状をご説明します。

窯業系サイディングボードの変色

塗膜は、様々な自然環境によって経年劣化しますが、その中で特に紫外線には弱い傾向があります。

紫外線が塗料の樹脂を破壊・劣化させて、色が変わってしまいます。
この様な状態を変色と言います。

窯業系サイディングボードの退色

退色とは、塗装のツヤ(光沢)が低下した状態の事を言います。

塗装の退色や変色は、窯業系サイディングの塗膜劣化の症状で最初に発生します。

窯業系サイディングボードのチョーキング

チョーキングとは、塗膜表面が自然環境(紫外線・熱・雨・風等)によって、塗装樹脂の劣化が生じ、塗料の中の樹脂がチョークの様な粉状になってしまう現象の事を言います。

一般的に、塗装面にチョーキングが発生した時点で、サイディングを塗り替える事が一番お値打ちに塗り替え工事を行う事ができます。

チョーキング対策として、シリコン・ハルス・フッ素・無機などが含まれた耐候性の高い塗料を使えば、発生期間を延ばす事ができます。

チョーキングした状態をそのまま放置しておくと、既存の塗膜だけではなく、窯業系サイディングボード自体が著しく劣化するので、塗り替えのタイミングを見逃さない事が重要です。

窯業系サイディングボードのカビや藻

窯業系サイディング壁面に生じるカビや藻は、日光があまり当たらない壁面・リシン壁・湿度の高い場所・植栽物の多い場所等に生じ易いです。

窯業系サイディング用塗料には、塗料の薬効による防カビ性や防藻性はもちろん必要ですが、窯業系サイディングのトップコートに耐水性がないと、カビやコケの発生を食い止める事は困難です。

窯業系サイディングに生じたカビや藻は、塗膜の劣化を著しく促進させます。

窯業系サイディングボードのヘアクラック

ヘアクラックとは、微細なひび割れの事を言い、クラックとはひび割れの事を言います。

塗膜の劣化が原因の場合や、躯体が収縮・膨張・振動等の外壁の運動によって、ひびが入ります。

窯業系サイディングは、窯業系サイディングボードの継ぎ目部分・釘やビスの周囲に、クラックが良く見られます。

また、一口にひび割れと言っても、深さ・長さ・向きによって、サイディングの修繕方法を考える必要があります。

窯業系サイディングボードの塗膜の膨れ

外壁面に発生する塗膜の膨れは、クラックからの雨水の侵入や蓄熱による熱収縮が原因の場合が多いです。

また、下塗り・下地調整が不十分だった場合も、塗膜が膨れる場合があります。

塗膜の膨れは、塗膜の機能の消失を意味しているので、早急に塗り替えする事をおススメします。

窯業系サイディングボードの塗膜の剥離

塗膜がサイディング素地に対する接着力を失い、塗膜が膨らんだり、塗膜が剥がれてしまう状態を「塗膜の膨らみ」、「塗膜剥離(とまくはくり)と言います。

主な原因としては、躯体内部から生じる湿気、下塗りプライマーの経年劣化、クラックなどから水分が浸入し
塗膜の剥離は、住まいの美観を大きく損ね、腐食・漏水の原因になります。

窯業系サイディングボードのシーリングの破断

紫外線劣化、熱収縮、躯体の挙動、接着基材の劣化等が原因で、シーリング材の剥離・破断が起きます。

シーリング材に塗膜が無い場合は、塗膜がある場合と比べて、若干早く劣化します。

シーリング材が剥離・破断すると、雨漏り等、重大な不具合に直結する場合があります。

特に屋上のシーリングに問題がある場合は、早めに対処が必要です。

窯業系サイディングボードの欠損・爆裂

窯業系サイディング材の欠損は、主に外部からの衝撃・基材の熱伸縮・浸水による腐食が原因で生じます。

窯業系サイディングの経年劣化に伴って、サイディング自体の耐水性が低下し、水が浸透する事によって、サイディング自体に水分を含んでしまい、その結果サイディングの腐食による劣化を著しく進行させるので注意が必要です。

基材の腐食がひどくなると、欠損したり爆裂したする部分が生じてきます。

窯業系サイディングボード外壁塗装のQ&A

窯業系サイディングボードは「塗り替えなくても良い」って聞いたのですが本当ですか?塗装屋さんの広告やホームページで、サイディングボードの塗り替えもやっているのをよく目にするのですが…。教えてもらえると助かります。

いいえ、違います。

塗装仕上げの窯業系サイディングボードは、塗り替える必要があります。
一部の営業マンの間違った認識のオーバートークによって、一般の人に誤解を与えているかと思われます。

確かにフッ素樹脂塗料や無機系塗料を使用した窯業系サイディングボードは、15年以上の長い耐用年数が期待できますが、それでも塗膜の経年劣化は、ゆっくりと徐々に進んでいきます。

従って、「メンテナンスフリー」の塗料や窯業系サイディングはないと言って良いかと思います。

窯業系サイディングボード外壁塗装について

窯業系サイディングボードの外壁塗装の事なら、豊富な施工実績、サイディング塗装のノウハウ、他店を凌駕する高品質な施工にこだわり続ける「お客様目線で塗り替え工事のプロ」である北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」にお任せ下さい!

住まいの外壁塗装のカラーコーディネートにも自信があります。

窯業系サイディングボード外壁塗装の施工価格の目安

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu