北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装・屋根リフォームの事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

施工事例

北九州市若松区 T様

弊社の新聞折り込みチラシを見て、お問合せを頂きました。北九州市若松区の地元の屋根リフォーム店を探しておられたそうです。理由は地元業者の安心感からだそうです。

屋根診断時、屋根の汚れやコケが瓦表面に多く付着していましたが、塗装でも不可能ではない状態でした。

しかし、ケレン作業など付帯工事でコストも高くつくことと、セメント瓦の経年劣化が激しいため、塗装ではなく、最初から瓦の葺き替えを提案しました。

あまり塗装の耐用年数も望めなかった理由からです。

コストパフォーマンスを考えて、瓦ではなく、軽量で耐用年数の高いコロニアル瓦を提案させて頂きましたが、近年の猛暑の事も考えて、遮熱効果の高いコロニアル瓦を再提案致しました。

色合いは、「外観と合わせた色」でとのご要望で、落ち着いたブラウンの色を採用させて頂きました。

弊社の職人さんは、国家資格の一級かわらぶき技能士を取得していますので、どんな屋根瓦でも対応できます。

 

屋根瓦葺き替え Before

セメント瓦の表面が、防水性能を失って水分を吸収し、コケが付着しています。

屋根瓦葺き替え Before

セメント瓦の表面が、防水性能を失って水分を吸収し、コケが付着しています。

セメント瓦の等撤去 

雨水が染み込んでいる状態が確認できます。

セメント瓦の等撤去

防水シート(フェルト)に雨水のシミが、はっきりと濃淡になっています。

コンパネを重ね打ち 

屋根材の上にコンパネを重ね打して、強度を高めます。

アスファルトルーフィングの打ち付け

改質アスファルトは高温でダレにくく、低温で割れにくいといった、高温から低温まで広い温度範囲で優れた特性を持つほか、弾性を持ち、ステープルや釘穴に対するシール性や耐久性に優れているなどの特長があります。

谷板金の取替

雨水の通りになるので、高耐久で錆に強い、ガルバリウム鋼板を使用します。

遮熱コロニアル

紫外線に強いグラッサコートに、赤外線を反射する特殊な顔料を配合することで太陽の熱を反射し、屋根材そのものの蓄積や居住空間への熱の伝達を抑えています。

コロニアル遮熱グラッサの断面図

太陽光の中でも熱線となる赤外線のみの反射率を大幅に向上させた遮熱グラッサ。これにより、屋根材への蓄熱を抑え、夜間の大気への放熱、居住空間への熱の伝達を抑制します。また、グラッサコートにより遮熱性能も長期間持続します。

遮熱コロニアルグラッサ反射性能

画像をクリックして表示を拡大

和風の風合いを残したの仕上がりとなりました。

棟木の取付け

雨水の浸入が多い棟の下地を打ち付けます。

防湿シートの取付け

下地の棟木が湿気ないよう、腐りにくくするために、透湿性能のあるシートを取り付けます。

棟の取付け

棟板金(ガルバリウム鋼板)を打ち付けます。

コロニアル屋根葺き替え After

まんべんなく遮熱コロニアルを葺きます。

コロニアル瓦を葺き替えた事で、スマートな仕上がりとなりました。
(瓦表面に付いているものは、雪止め金物です)

施主様の声

始めに匠さんのチラシを拝見し、電話をかけて相談しました。

即日には、中村さんが来られて、テキパキと屋根に登り、画像を交えて色々な説明をしていただきました

後日、すぐに写真付きの報告書を届けて下さり、目に見える形で分かりやすいものでした。

予算の方もあったのですが、性能とコストパフォーマンスの高い屋根材を希望したところ、KMEWのコロニアルのご提案をいただき、そして遮熱のオプションもつけて頂きました。

積雪の事も考えて雪止め金物までつけて頂き、感謝しています。

これで、雨漏りの心配もなく、安心して住み続ける事が出来ます。

有難うございました。

リフォーム提案士から

近年のコロニアルは、グレードによりますが、耐用年数が長いものが多いです。

わずかな価格差で耐用年数・耐候性能が断然に勝るのであれば、コロニアルシリーズのコロニアル遮熱グラッサをお勧めします。

弊社のお客様の8割は高耐久のコロニアルをご選択されます。

長い目で見ると、経済的でもあるので、断然お勧めです。

T様、この度はお世話になり、有難うございました。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu