北九州市内(若松区・小倉北区・小倉南区・八幡西区・八幡東区・戸畑区・門司区)北九州隣接エリアはご相談ください

受付時間
9:00~18:00
定休日
月曜日
(祝日と重なる場合は翌日)
外壁塗装・屋根リフォームの事ならお気軽にお問合せください
0120-094-654

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

093-330-4178

施工事例

北九州市八幡西区 N様

北九州市八幡西区のH様邸、はじめての外壁塗装工事です。現在の外壁の柄を生かして、高耐久の環境に優しい水性フッソ塗装をさせていただきました。

施主様がランニングコストを考えて、長持ちする塗料と実績のある塗料会社の商品を、ご希望されましたので、いくつかの塗料の提案をさせていただき、SK化研の水性セラタイトF(フッ素)塗料となりました。

鉄部や雨樋等の付帯部には、耐久性のある密着性の高い弱溶剤SK化研のクリーンマイルドフッソ塗料を使用しています。

フッ素塗料は樹脂塗料の中でも、15年から20年と一番長持ちする樹脂塗料となりますので、これから安心です。

Before

外壁塗装前の状態です。

After

外壁塗装後の状態です。

外壁デザイン

外壁デザインに合わせた落ち着いた色合いです。

雨戸塗装 After

雨戸も綺麗に生まれ変わりました。

外壁シーリング Before

外壁のシーリング(目地)がひび割れています。

 外壁シーリング After

シーリング交換後、外壁塗装の後、綺麗になりました。

軒天井塗装 After

軒天井はカチオン型樹脂の強力塗料で仕上げています。

雨樋塗装 After

雨樋・破風板も艶のある弱溶剤フッソ塗装で仕上げています。

木部アク洗い洗浄 Before

木部からアクがでて黒ずんでいます。

木部アク洗い洗浄 After

専用の薬剤を使用して仕上げています。

施主様の声

最初は、ホームページから問い合わせをしました。

外壁塗装については、周囲の住宅との調和を考えました。

あまり目立つような仕上がりではなく、周囲と多少違う色合いを、カラーコーディネーターの梶川さんと選びました。

塗料は、実績のあるメーカーと銘柄を教えていただき、ランニングコストを考えて、決めさせていただきました。

見積りも細かく記載されており、分かりやすく丁寧に説明もしてもらいましたので、外壁塗装専門店の匠エージェントさんに決めました。

団地内で目立つ色にはしたくなかったので、落ち着いた雰囲気のまま、再生していただきました。

玄関まわりの木部が綺麗になったのは嬉しかったです。

木部のアク洗い洗浄というものがあるとは知らなかったです。

木部を塗装するより断然いいので、次回も汚れたときはお願いしようと思っています。

リフォーム提案士から

リフォーム提案士・梶川

ご主人様にとくに熱心にお話を聞いていただきました。

今回がはじめての外壁塗装ということで、ご主人様も、外壁塗料の選択に対して真剣に考えられていたご様子です。

ご近所さんの外壁との調和を気にされていたご様子で、外壁の色も、あまり目立たないように、よく考えられ、非常に心遣いのあるご主人様だなあと感心させられました。

弊社のご提案塗料内容とアフターのケアについても詳しくお話しさせていただき、ご納得をいただいて、お話を進めさせていただくことになりました。

まだまだお若い施主様ですので、日中は、お仕事で在宅されていません。

外壁塗装中も、ご近所様に配慮させていただくことも、私達の大切な役割です。

留守で心配もあるはずなので、こまめに連絡・スケジュール連絡も必要不可欠です。

有職中のお客様に対して、匠エージェントでは、お客様が、ご心配にならないように配慮して、ショートメール等を使い、ご連絡をさしあげています。

外壁塗料はセラミック複合のフッソ塗料なので、耐用年数も最大20年となっていますので、耐候性も数ある樹脂塗料の中では耐用年数の長い高耐久塗料です。

水性塗料でもありますので、ニオイも少なく、周囲や環境に優しい塗料です。

塗料の選択には、塗装前の状態と材質を、弊社の外壁診断士がよく確認します。

塗料の種類も、メーカー、樹脂の種類は色々ありますので、N様邸のご希望に合うベストなメーカーの大手外壁塗料を選ばせていただきました。

北九州のこだわり外壁塗装専門会社「匠エージェント」は、お客さまの気持ちと一緒になって、お話を進めさせていただく、お客様目線の会社です。

外壁塗装後のアフターを含めて、今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

0120-094-654

受付時間 9:00~18:00

外壁塗装の事なら、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールでのお問合せは24時間対応

ミツモアバッジ

Menu